忘れちゃいけない!相続税の相談時に必要書類を用意

相続人の身分関係が分かる書類を準備

相続により申告が必要になった場合、税理士に相談するという人が多いです。しかし税理士も判断のための材料がなければ適切なアドバイスや申告手続きができないため、事前に準備が欠かせません。相続の具体的な内容や申告手続きのため、関係書類を用意する必要があります。相続人となる人たちの身分が分かるよう、戸籍や住人票の書類は相談前に準備が大切ですね。これらの書類は有効期限もあるため、書類が発行された日付もチェックも行いましょう。

贈与関連の書類は税理士の相談時に持参

相続税の申告で見落としがちであるのが、贈与税に関する書類の準備です。相続税の申告を税理士に相談する場合に、過去に贈与を受けた事実があるなら知らせておきましょう。相続税の申告では、贈与に関連する書類が不可欠です。過去3年以内に被相続人との間で行った贈与の契約書や贈与税の申告書は手元に残しておきましょう。税理士に相談する際に持参すると見落としが防げます。この点を見過ごしていると追徴課税の事態にもなりかねないため注意を要しますね。

保険に関する書類は忘れずに準備が必要

被相続人が生命保険を受け取ると、それらは相続税の課税対象になりますね。そこで保険金を受け取った事実を税理士に相談し、申告内容に含める必要があります。事前に準備が必要なのは、生命保険料の支払い通知に関する書類や、保険証書のコピーなどです。もし手元にこれらの書類が見つからない場合には、税理士に相談する前にまずは保険会社に問い合わせてみましょう。書類の再発行が必要となると手間や時間が掛かるため要注意です。

相続税相談の時期を見極めるために、信頼度の高い税理士事務所の相談事例をチェックすることが重要な課題といえます。