自己破産の手続きにかかる費用はどうすれば良いの?

債務がゼロになる債務整理です

自己破産は債務が無くなると言う債務整理の方法の一つです。借金をした理由がギャンブルや浪費と言った場合には免責不許可事由となり申し立ては却下されてしまいますが、これ以外の理由で借金をしてしまった場合には今までの借金がゼロになると言うメリットがあります。自己破産の手続きは裁判所を利用して行うのが特徴で、一般的には弁護士などに依頼をして手続きを進めて行くことになります。但し、弁護士であれば誰でも良いと言う事ではなく、借金問題に精通している弁護士に相談されるのがお勧めです。

自由財産は手元に残すことが出来ます

自己破産と言うと財産全てが無くなると言うイメージを持つ人が多いのですが、99万円以下の現金や車などは手元に残しておくことが出来ると言います。また、自己破産をする時には過払い金と言う払い過ぎた利息を取り戻すことが出来るため、財産全てが無くなると言う事ではないと言う事です。免責が下されることで債務がゼロになると言うメリットは返済が困難になってしまった人にとって魅力的な事で、借金がゼロになる事で再スタートを切る事が出来る、人生の再スタートにおける準備にも繋がって来るのですよね。

弁護士への報酬は後払いが出来ます

弁護士に依頼する事で裁判所への破産申し立てなどすべての業務を代理人として務めて貰う事が出来ます。弁護士に依頼をした場合には着手金を支払う、報酬を支払う、と言った具合に費用が掛かる事になります。返済するお金が無くて自己破産をしなければならない人にとってこうした費用を工面する事は難しいものです。弁護士事務所の多くは成功報酬と言う形で費用を支払う、費用の支払いは破産が成立した後に分割払いで行うと言うケースが多いので安心ですよ。

自己破産と聞くだけで悪いイメージを持つ人もいますが、どうしても返す事が出来ない場合に必要な手段です。