インターネットバンキングとクレジットカードは組み合わせて使うと便利!

クレジットカードを作ったらすること

買い物でカード払いが出来るようにクレジット機能付きキャッシュカードを作ってもらったら、その次にはオンラインバンキングに登録をしておくと、銀行口座の確認からクレジットカードの情報を直ぐに確認できるようになって便利です。オンラインバンキングサイトにアクセスしてログインをすると、クレジットカードで買い物があとどれくらい出来るかという、ショッピング枠の残高を確認できますし、次回の支払いがいくら位になるのかも確認できます。

履歴確認が可能で、不正使用も見つけられる事もある

また、クレジットカードを作成すると、毎月明細書が郵送されてきますがクレジットカードのオンラインバンキングならば、見たい時にWEB上でそれらの情報を確認できます。前月の使用状況や現在の使用状況などを見られるので、使いすぎ防止にもなってくるでしょう。さらに、利用した履歴を見ることで、不正使用も見つけられることがあります。注文したり買った覚えのない商品を購入した履歴があったら、直ぐに銀行へ相談をしましょう。

ポイント交換手続きも楽々出来る

また、オンラインバンキングは住所変更手続きが出来たり、クレジットカードを使って溜まったポイントの交換申請等もそこから出来るというのがメリットです。ポイントは使わないといつか失効してしまう事も多いので、定期的にオンラインバンキングサイトにアクセスして、何かの商品や景品と交換をしたり、使っていきましょう。ポイントの交換だけでなくその残高もリアルタイムで見れる所も多いです。クレジットカードを作った方は有効活用しましょう。

決済代行とは、多種の決済を一括の契約とシステムで導入できるサービスです。カードブランドとの契約が個別ではなく一括で行えるようになります。